!important 2019 で Adobe XDについて登壇する 林航平さんに お話を聞いてみた

2019年4月からフリーランスとして活動をはじめた林航平さん。
最近では「福岡でAdobe XDの話を聞くならこの人!」と思われる方も多いのではないでしょうか?
そんな林さんに2019年4月20日[土]の!important 2019のセッションの聴きどころをお話いただきました。

今回のセッションについてお聞きしました

じょーじじょーじ

今回のセッションはどういった方に参加してもらいたいですか?


林さん林さん

ディレクターとデザイナーの方に一番話を聞いてほしいですね。


じょーじじょーじ

確かにAdobe XDはその2職種の方が使っているイメージはありますね。その中でも「特にこういう方には!」というのはありますか?


林さん林さん

だいぶXDの知名度はあがってきていると思いますが、触ったことがない、現場では使ったことないという方がまだまだ多いんですね。そういう状況なので、XD未経験者、XD初心者の方に参加いただけたらなぁと思い、話す内容を構成しています。


じょーじじょーじ

確かにXDという名称はよく聞くようになりました。僕自身も案件でXDのカンプを見たのはまだ2回しかないですねー。使い方間違ってるのもありましたけどwちなみにXDを使い始めて林さんの中で何が一番変わりましたか?


林さん林さん

PhotoshopやIllustratorでカンプやデザインデータを作っていたときと比べると、制作スピードが変わりました。アプリケーション自体が軽いこともあり、起動や保存、書き出しの待ち時間がなくなったので、精神的にも軽くなりましたよ(笑)


じょーじじょーじ

やはりデザイナーの方でも起動などの待ち時間はストレスなんですねw


林さん林さん

そこはみんな同じだと思いますよ!


じょーじじょーじ

XDを使っていく上でオススメしている点って何かありますか?


林さん林さん

XDはチームで使っていくとより制作スピードの向上が見込めます。そのため、自分が入っているチームで使うことをオススメしています。僕自身も前職のときに導入したのですが、当初は後工程(コーディング)の方から不明点などを聞いて、その場で解決策を調べて、共有するということもありました。しかしその後はPhotoshopやIllustratorと変わらないスピード、いやそれ以上の制作スピードになったと思っています。 XD自体もアップデートを重ねている点も、制作スピードが上がる要因になっていると思います。


じょーじじょーじ

制作スピードが上がるのは制作会社としてはプラスですねー。最後になりますが、改めて今回のセッションへの参加に悩まれている方に一言お願いします。


林さん林さん

今までなんとなくPhotoshopやIllustratorを触ってる人はXDに触れてほしいと考えています。Adobe XDは今ならまだ学習コストは低いので、この機会にぜひXDと向き合ってください!


じょーじじょーじ

ありがとうございました!

林さんが出演する!important 2019のお申込みはこちらから!



林航平(はやし・こうへい)
1984年 福岡生まれ 福岡育ち。
大学卒業後、知人から依頼されたイベントやCDのジャケットデザインをきっかけに独学でデザインを学び始める。
それから約10年間、ウェブ制作会社でデザイナーとしてのキャリアを重ね、フリーランスとして独立。

ウェブ制作の現場では、「Adobe XD」をベータ版のリリース時からいち早く導入。その使い勝手の良さに魅力と可能性を感じ、ユーザーを広めるべく「
Adobe XD ユーザーグループ福岡(旧:福岡 Adobe XD Meeting)」を開始。
福岡のデザイナーコミュニティの一線で積極的に活動している。

2018年からデジタルハリウッドSTUDIO福岡「Webデザイナー専攻」クラスの講師を担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で